FANDOM


ダレン・クロスはハンク・ピムの弟子でピムテック社のCEO。ハンクの娘ホープは彼の部下であり助手。ピム粒子の技術をコピーして戦闘用スーツであるイエロージャケットを兵器化・量産し、社を乗っ取ろうと画策した。

ヒストリー編集

BN-JI813 stoll1 G 20150713080117-1-.jpg

ダレン・クロス

ハンクとの確執 編集

ハンク・ピムの設立したピムテックの社員であり、彼の弟子でもあったダレン・クロスは、ハンクが物体を自在に縮小できるピム粒子を開発したことや、かつてアントマンとして極秘裏に戦っていたことに感づいていたが、何度尋ねられれてもハンクは決してその詳細を明かそうとしなかった。

クロスの傲慢で尊大な態度に気付いていたハンクだったが、彼の妻ジャネットが消え、また度重なるアントマンとしての戦いで身も心も疲弊していたため、老いとともに現役を引退し、社をクロスとホープに託してしまう。その後クロスは社を盛り立てながらも、ピム粒子を再現する研究に没頭していくのだった。

イエロージャケット 編集

ある日、クロスはハンクを社に呼び出し、研究員やスポンサーたちの前でS.H.I.E.L.D.の古い記録映像を見せる。そこにはアントマンとして戦っていた頃のハンクの姿が不明瞭ながらも映っていた。動揺を隠しきれないハンクに対し、クロスは見せつけるようにイエロージャケットとその量産・兵器化計画を発表した。その際、元S.H.E.L.D.の幹部でヒドラの一員であるミッチェル・カーソンに倍額でのジャケット購入を打診される。また社員のフランクにジャケットを「スーツ」と揶揄され、その危険性を指摘されたことに腹を立て、トイレに居合わせた彼に実験段階のピム粒子を浴びせ殺害した。

スコット・ラングとの戦い 編集

性格編集

Personalityの部分を記入してください。

装備物編集

装備編集

  • イエロージャケット:戦闘用の気密スーツ。擬似ピム粒子によって装着したまま身体のサイズを変えられる。背中のユニットを用いて飛行が可能で、取り付けられたアームから青いビームを放ち対象を破壊・炎上させる。また粒子量を調整するレギュレーターもユニット内に組み込まれている。

武器編集

  • 擬似ピム粒子:ハンクの開発した赤・青の粒子とは異なり黄色をしている。

吹き出し編集

Speech Bubbleの部分を記入してください。

ノート編集

Notesの部分を記入してください。

スタン・リーによる創作秘話編集

Creation by Stan Leeの部分を記入してください。

トリビア編集

Triviaの部分を記入してください。

参考リンクと出典編集

Links and Referencesの部分を記入してください。

More編集

Discover and Discussの部分を記入してください。

フットノート編集

Footnotesの部分を記入してください。

出典編集

Referencesの部分を記入してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki