FANDOM


ヒストリー編集

リアリティ編集

このリアリティは1973年まではアース10005と同じ歴史を辿るが、未来のウルヴァリンがこの年に戻ってきて、ミスティークボリバー・トラスクを殺害するのを阻止する。これにより、暗黒世界に陥るのが避けられたため、アース10005とは別のリアリティが発生する(参照:X-MEN:フューチャー&パスト(映画))。

タイムライン編集

1970年代編集

いつの日かミュータントが人類を征服してしまうと信じたボリバー・トラスクは、センチネルプログラムを発令し、ロボット警察隊にミュータントを一掃させようとした。姿を自在に変えられるミュータントのミスティークが、センチネルプログラムが進行する前にトラスクを暗殺しようとする。未来の暗黒世界にいるミュータント達はこれががミュータント壊滅の根源であると特定し、ウルヴァリンを1973年に送り込む。これによりX-Menは再結成され、暗黒世界の未来は阻止され、ミュータント達は救われ新たな道を辿ることになる(参照:X-MEN:フューチャー&パスト(映画))。

1980年代編集

ミュータントの存在が公になったことにより、人々は彼らの能力に恐怖を感じたり、カルト団体等の組織を結成した。あるカルトが史上初のミュータントと思われるエン・サバー・ヌールを発見し、朽ちたピラミッドの下から彼の亡骸を発掘する。これによりエン・サバー・ヌールは休眠状態から目覚め、すっかり変わってしまった世界に激怒する。そして、強力なミュータント4人を集め世界の浄化を試みるも、最終的にはフェニックス・フォースを持つミュータントに倒されしまう(参照:X-MEN:アポカリプス(映画))。

2010年代編集

現代ではミュータント達の生き残りのために新たなテクノロジーも生まれた。ミュータントにして犯罪者のエイジャックス/フランシス・フリーマンは、通常の人間の遺伝子をミュータント化させる実験を行っていたが、結果的にミュータントで傭兵のデッドプール/ウェイド・ウィルソンと対立する。元恋人のヴァネッサを取り返すことに必死なデッドプールは、X-Men 2人と共にエイジャックスの組織を倒し、ミュータント化の実験は終焉を迎える(参照:デッドプール)。

登場人物編集

初登場:X-MEN:フューチャー&パスト(映画)編集

初登場:デッドプール編集

初登場:X-MEN:アポカリプス(映画)編集

組織編集

ロケーション編集

ノート編集

リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki