FANDOM



イベント概要 編集

マーチ・トゥ・アクシス

ミュータント種族を絶滅させるレッド・スカルの計画の一部としてジェノーシャを強制収容所に変えた。そこへ多数のミュータントを誘拐して収監した。

アベンジャーズ・ユニティ・ディビジョンからスカーレットウィッチ、ハボック、ローグがS-Menによって捕らわれた。レッド・スカルの活動をマグニートーが突き止め、3人と共に脱出しS-Menとレッド・スカルを撃退。マグニートーはレッド・スカルにとどめを刺した直後、レッド・スカルはレッド・オンスロートと化してしまう。

アクシス

ザ・レッド・スプレマシー

レッド・オンスロートはテレパシー能力で世界中に憎しみを広げる「ワールド・ウォー・ヘイト」を行い、プラントマンと戦うアベンジャーズに影響を与えた。アイアンマンによって救い出されたアベンジャーズはテレパシー攻撃の根源を見つけ出そうとする。一方、ジェノーシャではマグニートー、ローグ、スカ―レトウィッチ、ハボックと助け出されたサイクロプス、クエンティン・クワイア、ジェネシスが戦っていた。レッド・オンスロートの圧倒的力の前に危機的状況になるが、そこへアベンジャーズとX-MENの援軍が登場。さらなるヒーロー達が救援にやってくる。しかし、レッド・オンスロートはアイアンマンの知られざる秘密を明かす。シビル・ウォーの後、トニー・スタークは得たスーパーヒーロー達のデータをもとにセンチネルを造り出し、記憶を改ざんしていたことが明らかになった。そして、レッド・オンスロートは2体のスターク・センチネルを配備するのだった。[1]

スターク・センチネルの登場においてヒーロー側は劣勢を強いられる。ローグはレッド・オンスロートを破るために彼の脳の軸を逆転させ、チャールズ・エグゼビアを持ち出すためにドクター・ストレンジとスカーレットウィッチが魔法をかけることを提唱する。ノヴァの経験不足から計画は失敗してスカーレットウィッチとストレンジはセンチネルに捕らわれてしまう。マグニートーは戦いからと逃げ、ヒーローはクエンティン・クワイアの助けを借りて隠れる。意識を取り戻したアイアンマンはセンチネルを破る最後の試みとしてチームを編成するも失敗。ヒーローは捕らわれアイアンマンが最後の1人となる。レッド・オンスロートはトニーの心を調べ、彼が競争を燃料とする社会病質者であったと話す。誰もオンスロートを止めることができないと豪語する中で、ヴィラン集団を率いて帰ってきたマグニートーによって話しはさえぎられるのだった。[2]

アイアンマンはデッドプールによって助けられ、レッド・オンスロートの気をそらすためにミスティークがキャプテン・アメリカに偽装し、エンチャントレスによって精神攻撃を行われた。ヴィラン達はなんとか1体のセンチネルを破壊することに成功し、ドクター・ストレンジやスカーレットウィッチ達が助け出される。再び逆転魔法を行おうとしてヴィラン達に阻止されてしまうが、ドクター・ストレンジとスカーレットウィッチによる逆転魔法によってレッド・オンスロートはレッド・スカルの姿に戻り気絶した。残りのセンチネルが倒されヴィランは去り、ヒーロー達は自由になった。チャールズが現在体を支配しているか見極めるためにX-MENとアベンジャーズはレッド・スカルをスターク・タワーに運んでいく。ジェネシスはアポカリプスのような姿になり、ハボックは和解したX-MENと兄サイクロプスと行動を共にするのだった。[3]

インバージョン

数日後、シールドはレッド・スカルがどうなりそうかについて議論するためキャプテン・アメリカを召集した。ニック・フューリーJr.はサムに彼を手渡すよう説得するも、逆転現象の影響を受けていた彼は狂暴になっておりそれを拒否し去り際にフューリーを殴る。一方、ブルックリンでヴィランであるスクィドが人質を取って立てこもっていたが、逆転しヒーロー活動を始めたカーネイジによって制圧される。彼が去った直後にスパイダーマンが来て彼の活動に驚く。サンフランシスコのジャイアンツ・スタジオでアイアンマンは新たなエクストリミスを開発し、市民に無料で配信することを発表し、酒を飲み始めた。ジーン・グレイ学園では逆転したX-MENが同じく逆転したエヴァンことアポカリプスの助けを借りて、人間とミュータントの共存を求めずミュータントによる統一を目指すことを発表した。アベンジャーズタワーではミュータントの主張に対してアベンジャーズはチャールズ・エグゼビアが中に生きているレッド・スカルを殺害することに決めるも、ハルクとジャービスによって彼らは止められる。しかし、逆転したハルクの新たな人格クルウを引き起こすことになり、彼は破壊願望の下にタワーを飛び出していく。彼らはスカルのいる監房を開くもそこは空だった。[4]

スカルの失踪の後にキャプテン・アメリカはアベンジャーズを利用できるすべてのヒーローを召集し、スカルを失踪させた人物がこの中にいると話す。スパイダーマンのスパイダーセンスが発動し、キャプテン・アメリカは部屋中にピム粒子を撒くスイッチを押した。スパイダーマンは素早くノヴァを連れてタワーを脱出し、アベンジャーズによって素早く追われるもマグニートーによって助けられる。逃げのびた彼らはアベンジャーズ・マンションへと訪れるそこにはスティーブ・ロジャースとノーマッドがおり、彼らに逆転における影響を知らせた。アリゾナで暴れるクルウの映像を見たノヴァはすぐに駆けつける。一方、ニューヨーク上空で大きな飛行船が現れ、逆転したX-MEN達がアベンジャーズタワーへと到着する。X-MEN達はそこにいたキャプテン・アメリカに暴行を加え、ニューヨーク市民に対し避難する猶予が3時間であることを伝えるのだった。[5]

人類への警告を放送した後、X-MENはX遺伝子の無い人物を殺害する遺伝子爆弾を作成する。やってきたミスティークは彼らに目を覚ますよう促すも、ローグとナイトクローラーによって攻撃されセイバートゥースに助けられる。一方、サンフランシスコではデアデビルがトニー・スタークにエクストリミスを社会にもたらしたことで引き起こした問題について話す。トニーはデアデビルに増加した俊敏さを強さで驚かせ、スターク・アイランドから彼を投げ捨てた。ラトベリアではドクター・ドゥームが群衆に対して民主主義を試したいと話す中、ハウス・オブ・Mを間接的に引き起こしたドゥームへの復讐にやってきたスカーレットウィッチに攻撃される。彼はクイックシルバーとマグニートーによって救われ、彼らはワンダがドゥームを殺さなくなることはないだろうと話す。ラスベガスではロキがオーディンソンの説得に失敗し、クインジェットからスパイダーマンに救い出される。アベンジャーズ・マンションにやってきた彼れらはX-MENとアベンジャーズに対処するために、逆転されたヴィランによるチーム、アストニッシング・アベンジャーズを召集したのだった。[6]

ニュー・ワールド・ディソーダー

アストニッシング・アベンジャーズがアポカリプスの船に突撃しX-MENとの戦闘に入る。その騒動の隙に禅プールとスパイダーマンは遺伝子爆弾の信管を外そうとし、禅プールがアポカリプスの注意を引くも失敗してしまう。一方、ラトベリアではスカーレットウィッチがクイックシルバーと自分がマグニートーとの血縁関係がないことを発見し、ドゥームと戦うためにマグニートーとクイックシルバーを表面上殺害する。サンフランシスコではキャプテン・アメリカがスターク・アイランドに到着し、再び集められたアベンジャーズにスティーブによってスカルが逃がされたことを話す。マンハッタンでは禅プールはアポカリプスに過激な暴行を加えられ打ち首にされた。アポカリプスは勝利を主張し、遺伝子爆弾の起爆までの時間が達しようとしていたのだった。[7]

スパイダーマンは起爆する前に遺伝子爆弾を解除しようとするも受け付けられず、そこにやってきたカーネイジが爆弾にまとうことで被害を食い止めようとし犠牲となった。爆弾を止められたX-MENはすぐに逆転したアベンジャーズによって攻撃される。戦いの中でロキはオーディンソンを騙して月へと彼を誘導する。アベンジャーズ・マンションでやってきたジャービスにスティーブは彼らを止める方法があると話す。ラトベリアではスカーレットウィッチがドゥームステイトを破壊し始め、逃走していたドゥームはドクター・ブードゥーと彼の兄弟であるダニエルと共に帰還する。霊体であるダニエルによってスカーレットウィッチは体を支配される。アベンジャーズ・マンションでスティーブからノーマッドはスカルを解放することを話すも、アイアンマンによって情報を傍受されサム・ウィルソンに知らされる。サムが建物に入って来た時、昔のキャプテンのアーマーであるエクソスケリトンとエナジーシールドを装備したスティーブ・ロジャースとスカルを発見するのだった。[8]

スカルのテレパシーを使ってスティーブとスカルはサムから逃げのびる十分な時間を稼いだ。X-MENを倒した逆転したアベンジャーズはアベンジャーズ・マンションへと向かう。アポカリプスは敗北から回復して禅プールの頭と話しアベンジャーズと戦うことを決心する。月ではロキはブルーエリアでオーディンソンは追われていた。そこでロキは残されていたムジョルニアと遭遇し、彼はムジョルニアを持ちソーの力を使い戦い始めた。アベンジャーズ・マンションへスティーブとスカルが到着すると、すぐにアベンジャーズによって攻撃を受ける。キャップはスティーブを殺害しそうなほどの攻撃を加えるも、アポカリプスが到着しアベンジャーズを攻撃。その隙にスカルと共にスティーブ達は脱出する。他のアベンジャーズに直面する中でドゥーム、ダニエルが支配するスカーレットウィッチ、マグニートー、クイックシルバー、ドクター・ブードゥーが到着する。ドゥームとダニエルによって再逆転を開始しスカルによって広範囲に広められた。しかし、アイアンマンはフォースフィールドを展開して逆転現象を回避。その範囲内にいたセイバートゥースとハボックも再逆転から逃れる。ハボックは逃げるために恋人であったワスプを利用し、その隙にアイアンマン、ドゥーム、レッド・スカルが逃走した。

対立の後、ニューヨークは再建されはじめ、この戦いがヴィラン達「アクシス・オブ・イーヴィル」が裏にいてエンチャントレスの魔力によってX-MENとアベンジャーズが操作されたとメディアに放送された。ロジャースは傷から回復し始め、アイアンマンはサンフランシスコのスターク・アイランドに戻り、ハボックは彼の兄サイクロプスのX-MENに戻り、エヴァンとデッドプールは隠れ、ロキは無意味なことに対処して、ドゥームはレッド・スカルを誘拐し捕え、アベンジャーズ・ユニティ・ディビジョンは再編成され、ピーターは犠牲となったカーネイジの像を造り、セイバートゥースは自ら出頭してウルヴァリンのようになるために過去を克服すると約束するのだった。[9]

マーチ・トゥ・アクシス 編集

  • Captain America Vol 7 #24
  • Loki: Agent of Asgard #6
  • Loki: Agent of Asgard #7
  • Magneto Vol 3 #9
  • Magneto Vol 3 #10
  • Uncanny Avengers #24
  • Uncanny Avengers #25

タイイン 編集

  • All-New X-Factor #15
  • All-New X-Factor #16
  • All-New X-Factor #17
  • Amazing X-Men Vol 2 #14
  • Avengers World #15
  • Avengers World #16
  • AXIS: Carnage #1
  • AXIS: Carnage #2
  • AXIS: Carnage #3
  • AXIS: Hobgoblin #1
  • AXIS: Hobgoblin #2
  • AXIS: Hobgoblin #3
  • AXIS: Revolutions #1
  • AXIS: Revolutions #2
  • AXIS: Revolutions #3
  • AXIS: Revolutions #4
  • Captain America and the Mighty Avengers #1
  • Captain America and the Mighty Avengers #2
  • Captain America and the Mighty Avengers #3
  • Deadpool Vol 3 #36
  • Deadpool Vol 3 #37
  • Deadpool Vol 3 #38
  • Deadpool Vol 3 #39
  • Inhuman #9
  • Inhuman #10
  • Loki: Agent of Asgard #8
  • Loki: Agent of Asgard #9
  • Magneto Vol 3 #11
  • Magneto Vol 3 #12
  • Nova Vol 5 #23
  • Nova Vol 5 #24
  • Nova Vol 5 #25
  • Wolverine and the X-Men Vol 2 #12

リンクと・リファレンス 編集

  1. Avengers & X-Men: AXIS #1
  2. Avengers & X-Men: AXIS #2
  3. Avengers & X-Men: AXIS #3
  4. Avengers & X-Men: AXIS #4
  5. Avengers & X-Men: AXIS #5
  6. Avengers & X-Men: AXIS #6
  7. Avengers & X-Men: AXIS #7
  8. Avengers & X-Men: AXIS #8
  9. Avengers & X-Men: AXIS #9

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki