FANDOM



ダニー・ランドはランド・エンタープライズの創業者であるウェンデル・ランドの息子。飛行機事故をたった一人で生き延び、崑崙(クンルン)での修行の末アイアン・フィストの称号を手にした。

経歴 編集

生い立ち 編集

ダニエル・トーマス・ランドことダニー・ランドは1991年4月1日、ウェンデル・ランドとヘザーの間に生まれる。ウェンデルの親友であったハロルド・ミーチャムと、その子供たちであるウォードジョイの兄妹とも家族ぐるみの付き合いがあった。両親と共にヒマラヤに旅行に行く途中、ハロルドとマダム ガオの策略によって飛行機は墜落、ダニーは唯一人生き残り、クンルンの僧侶に救出された。クンルンでは兄弟弟子であるダヴォスと共にレイ クンの元でアイアンフィストになるべく修行を積み、彼に強い信頼を寄せているもののシャオラオへの挑戦権を巡る戦いの経緯でわだかまりを抱えている。 ニューヨークにおけるザ ハンドとの戦いで"鍵"としてつけ狙われ、些細なすれ違いからディフェンダーズと対立する。その後、ミッドランドサークルが崩壊する最中、マードックから街の平和を託され、チャイナタウンを中心に自警活動を行っている。シーズン2では引越し業者で働きながらコリーンを同棲生活を送る一方で夜は三合会とゴールデンタイガースの抗争を止めるべく奔走する。ジョイ とダヴォスの策略に嵌り、メアリーによって捕獲され、クンルンに伝わる秘術により拳の力をダヴォスに奪われ重傷を負う。その後自らの弱点と向き合い、拳の力をコリーンに譲ると決断し、拳の力なしでダヴォスに挑むべくコリーンの指導を受ける。コリーンと共に苛烈な戦いを制し、"龍の心臓"をダヴォスからコリーンへの移植に成功する。その後、コリーンの母親の遺品がアイアンフィストの遺産の一つと判明し自らの運命を確かめるべくウォード と共にアジアへ旅に出る。数ヶ月後、オルソン ランデルに接触すべく北海道に現れた彼の両腕は再び拳の力を宿していた。

能力と弱点 編集

能力 編集

氣を拳に集めることで、拳が光って固くなる。その拳は銃弾を跳ね返し、地面に叩きつければ周囲の敵を衝撃波で蹴散らす。負傷位置に手をかざすことで毒を焼き切ることもできる。ルークとの息のあった連携を取ることで対集団戦では無類の強さを発揮する。シーズン2で拳の力を失うもののエンディングで両手の拳が使えるようになりさらに銃弾に氣を込めて発射できるようになった。またランド社の株の50%を保有する大株主であり莫大な資産を持っている。

弱点 編集

お人好しな性格とその力が故に利用され近しい人物に騙されることもしばしば。感情が高ぶると周囲の諫言も聞かずに突っ走り窮地に陥ることも。シーズン2では毎夜の自警活動も実は拳の力を使う欲望に流されて行っていた事でありそれを自覚したのちその力をコリーンに譲る決断を下している。

装備 編集

キャラクターの装備を入力してください

関連人物 編集

関連するキャラクターを入力してください

名台詞 編集

  • コリーン・ウィング NYに戻ったダニーを助けた最初の人物であり恋人。ザ ハンドの元構成員でバクトに師事していた。両親はすでに他界しているが母親の遺品から女傑 アイアンフィスト、ウー アオシであると判明した。後にダニーの代わりに拳の力を引き継いだ。

トリビア 編集

キャラクターのトリビアを入力してください

画像 編集

参考リンクと出典 編集

参考リンクを入力してください