FANDOM


オバディア・ステインはスターク・インダストリーズの副社長だったが、当時のCEOであったトニー・スタークを裏切り彼の前に立ちはだかった男。

経歴 編集

オバディアは親友であり良きライバルでもあったハワード・スタークの右腕としてスターク・インダストリーズを盛り立てていた。彼が車の事故で死亡した後はハワードの息子である若きトニー・スタークを後見人として、またスターク・インダストリーズのCEOとして支えた。

実は現役時代からハワードに対する強い嫉妬心を抱いており、事故死に見せかけた彼の暗殺(のちにウィンター・ソルジャーの手によるものであったと判明)の裏でも糸を引いていた。トニーがCEOの座に就くと身を引き副社長となったが、やがて再び嫉妬の炎を燃やした。テロ組織テン・リングスと手を組み、トニーを拉致させ殺害しようと企んだが、彼がパワードスーツを作り出し脱出してしまったため失敗。

証拠隠滅のためテン・リングスのメンバーを皆殺しにし、彼らが回収していたマーク1アーマーを元に大型のアーマーを作り出したオバディアは、トニーの持つアーク・リアクターの小型化技術を軍事利用のため我が物にしようと、彼の胸から新型アーク・リアクターを抜き取った。

性格 編集

能力と弱点 編集

能力 編集

弱点 編集

装備と武器 編集

装備 編集

武器 編集

移動手段 編集

名台詞 編集

トリビア 編集

参考リンクと出典 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki