FANDOM


サディウス・ロスは、スーパー・ソルジャー血清の開発計画を指揮したアメリカ軍のもと陸軍少将である。退役後はアメリカ国務長官を務め、アベンジャーズに対してソコビア協定への署名を求めた。

経歴 編集

スーパー・ソルジャー計画の再開 編集

アメリカ陸軍の高官であったロスは、エイブラハム・アースキン博士の死によって製法が不明となっていたスーパー・ソルジャー血清を再現するため、「歩兵兵器開発プログラム」を再開した。ロスは娘ベティの恋人で有能な科学者であるブルース・バナーを研究員として登用した。ロスはバナーに対して「放射線耐性の基礎研究」であると説明していたが、成果を確信したバナーは自らガンマ線チェアを利用した実験の被験者となった。だが、実験の最中に思わぬ出来事が起こった。バナーは突如、緑色の怪物ハルクへと変身し、研究施設を破壊して、ロスとベティに重傷を負わせたのだった。[1]

バナーは事故の後、ロスに対して治療法を見つけると話したが、ロスはそれを拒否した。バナーに備わった能力には、兵器としての有用性があると考えていたのである。それを察知したバナーは逃亡し、ロスは部下にバナーを捕えるよう命令を下したのだった。[2]

アイアンマンとの出会い 編集

トニー・スタークがさらに悪化して、スターンはロスに電話をした。ロスがスターンのオフィスに到着したとき、彼はガンマ・プロジェクトから離れており、それに戻りたかったためにちょっとした大急ぎでいたため、許してくれるよう彼に言った。米陸軍はトニー・スタークがよりスマートになることを待つことができないと、ロスは言った。彼は、彼の後を追うようにスターンとジェームズ・ロードスに言った。ロスは彼らに機密扱いの最高機密であった何かを見せようとしていた。スターンはハマーがどこであるかを尋ね、ロスは彼が向かっている途中であると行った。ロスは、彼らの新しい武器が自由の敵に正常なメッセージを送る正しい方法であると話した。そして、そのメッセージは彼らがトニー・スタークを必要としないということを意味した。ハマーが到着したとき、彼はエアロダイナミック。マーベルをロードスとロスに見せた。彼はそれを完全な保護と攻撃能力を備えた接近戦に関する次のステップであると考えた。

機械をテストするとき、それは撃ち落とされて、敵の地帯に落ちてしまった。ロスは、アイアンマンが掃討するために向かっていることを知らされた。ロスはスタークが何をできるかについて考えることに興味を持っていた。スタークがパイロットを救った後、ロスは彼にすぐにカイロウィート空軍基地に行くよう命じた。スタークはロスに会い、何か聞くべきことがあるかを尋ねた。彼らがコンゴ軍と戦闘に入り、スタークは応戦しなかった。そして、誰かがアメリカ人に発砲するとき、アメリカ人はやり返さなければならないが、その時彼はこれ以上の武器を製造しないと主張することによって、彼の父の遺産から距離を置いていたと話した。無実の人間が危険な状況にさらされていると耳にすれば、悪い結果があるだろうとスタークは彼に警告した。[3]

バナーの捜索 編集

バナーの捜索を開始してから5年後、ガンマ線に汚染されたガラナ・ソーダが見つかった。ロスはエミル・ブロンスキーら精鋭部隊を編成すると、すぐさまバナーが潜伏しているとみられるブラジルのポルト・ヴェルデに向かった。しかし、ブルースはハルクに変身して逃走し、ロスは確保に失敗した。

帰国すると、ロスはブロンスキーにバナーがハルクとなった経緯を説明した。話を聞いたブロンスキーがスーパー・ソルジャー血清の投与を受けたいと申し出ると、ロスはそれを認めた。

ベティの現在の恋人であるレナード・サムソンの通報によって、バナーがカルバー大学に戻って来たことを知ったロスは、スーパー・ソルジャーとなったブロンスキーを含めた大部隊でバナーを包囲した。だが、ハルクとなったバナーは重装備の部隊を壊滅させると、戦いに巻き込まれて気絶したベティを抱えて姿を消してしまった。

ロスは戦いで全身骨折の重傷を負ったブロンスキーを見舞った。ブロンスキーは驚異的な速さで回復し、ハルクとの3度目に戦いのために血清の追加投与を希望した。

世界安全保障理事会の承認を得たロスはS.H.I.E.L.D. のデータベースを使い、バナーがサミュエル・スターンズ博士の協力を得て身体の変異を止めようとしていることを突き止めた。このことはS.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーに察知され、フューリーは抗議と忠告のためにロスのもとを訪れた。ロスはフューリーの忠告に耳を貸さず、ハルクを捕まえるために基地を出発した。[4]

ロスの部隊は、バナーとベティがニューヨークのスターンズ博士を訪ねたところを包囲し、バナーの身柄を拘束した。ところが、血清のもたらす力に酔いしれたブロンスキーがスターンズを脅し、研究サンプルとして保管していたバナーの血液を自分に注入させた。ブロンスキーはハルクのような怪物アボミネーションとなって、街を破壊し始めた。部下からの報告を受けたロスは、バナーが自らハルクとなってブロンスキーを止めると申し出ると、それを認めるのだった。死闘の末、ハルクはアボミネーションを倒したが、またも行方をくらましたのだった。

その後、バーで飲んだくれていたロスは、トニー・スタークの訪問を受けた。トニーは、自分たちがチームを編成中である旨をロスへ話した。

ソコビア協定 編集

ロスは陸軍からの退役を表明したあと、[5]エリス大統領によって請われ、アメリカ合衆国国務長官となった。[6][7]彼の最初の大仕事は、アベンジャーズに対してソコビア協定への署名を求めることだった。[8][9]

引用 編集

  1. インクレディブル・ハルク
  2. The Incredible Hulk: The Big Picture
  3. Iron Man 2: Public Identity
  4. アベンジャーズ:プレリュード フューリーズ・ビッグウィーク
  5. AVENGERS IMPACT: A WHIH Newsfront Special Report
  6. WHIH Newsfront: The Avengers and The White House
  7. WHIH Newsfront Exclusive: President Ellis Discusses the Avengers
  8. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  9. WHIH Breaking News: Attack in Lagos

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki